遠くにいる私たちにできること

皆さん、こんばんは。
先週起こった熊本県を中心とした地震では、大変な被害が出ています。
今も、震源地を変えながら余震が続いています。
被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

さて、そんな日のお題は
『遠くにいる私たちにできること』

今も余震が続く熊本や大分では、災害ボランティアも動き出せずにいます。
足りない物資もどうすれば必要なところに正しいルートで届けられるのか、行政を中心に検討されていると思います。
そんな中、遠くにいる私たちにできること
被災地支援のために、お金で支援することができます。
有田市共同募金委員会の業務を行っている本会に募金箱を設置しました。
IMG_4502.jpg
この募金は、本会から和歌山県共同募金会を通じて熊本県共同募金会へ届けられます。

情報が錯そうしている中、個人ができることは限られています。
復興には必ずお金が必要になります。
自分にできる支援をやっていこうと思います。

実は今日、ちょうど本会の地域福祉活動計画の策定委員会が開催されました。
災害時は普段の地域力が問われます。
今回の熊本を教訓に、有田も普段からできることをやっていきましょうと委員長がおっしゃってくれました。
自分のまちのために、日頃から防災・減災に努め、ご近所とのつながりを大切に、時にはみんなで語り合うことも必要ですね。
今、熊本から遠くにいる私たちにできること
一人ひとりが考え、実行していきましょう。

多額のご寄付の場合、領収証も発行できます。その場合は窓口までお越しください。
がんばろう!熊本

Tag:社協ワーカーが見た「人・もの・まち」  comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

有田市社協

Author:有田市社協
みかん畑に囲まれた事務所から、
地域のみんなの
「ふ」だんの
「く」らしの
「し」あわせを願って活動しています。

有田市社協ホームページはこちらから

tomoko_m@creamy.nax.ne.jp

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる